食事で便秘解消

運動で便秘解消

運動で便秘解消

食事を見直して便秘解消

便秘を解消するには、食生活を改善することが重要です。

腸内環境を正常化し、善玉菌を増やすには、冷たいものを食べすぎない、食物繊維を多くとる、運動を行うということが大切になります。

腸内環境を整えることができる食物繊維には、果物や海藻類に多い水溶性と、根菜など繊維が多い野菜に含まれている不溶性があり、そのどちらもバランスよく摂らないと逆に便秘になってしまいます。

バナナやリンゴなどには腸内の環境を整える作用があるので、毎日の食事に取り入れると良いでしょう。

また、無理なダイエットや食事制限も便が固まりやすく出にくくなることがあります。毎日3食きちんと食べることで、規則正しい排便習慣がつくので、バランスよく食べることを意識してみましょう。

便秘になりやすい食生活

便秘を改善するには食生活に注目するとともに、ストレスをためない、運動を行う、ということが大切です。

コンビニ弁当や外食は動物性油脂を多く使用しており、味も濃い目です。肉類が多く、唐揚げなど揚げ物も入っているのでボリュームがありますが、野菜不足になっていることが多いです。

野菜には食物繊維が含まれており、便のかさを増す、便をスムーズに押し出すという働きがありますが、食物繊維不足になると便は固くなり、さらに出にくくなってしまいます。

腸内の環境を整えるためにも食物繊維は大切なので、野菜を意識してとるように心がけましょう。

便秘を改善する食生活

便秘を改善するには、食物繊維を多く摂ることが大切です。弛緩性便秘の場合、腸のぜん動運動がうまく行われないことで起こってしまいます。

腸内に便が溜まっていくのが特徴で、腸内の環境を整えることが大切になるので、食物繊維の豊富な果物や野菜のほか、発酵食品を多くとって腸内の善玉菌を増やす必要があります。

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。不溶性食物繊維はごぼうなどの根菜類、水溶性食物繊維は海藻類やきのこ、りんごやバナナといったものに多く含まれています。

これらの食物繊維はバランスよく摂ることが大切で、どちらかのみを偏って摂取してしまうと便秘が悪化するので注意が必要です。

バランスよく様々なものを選んで食べる食生活を心がけると効果的です。

↑ PAGE TOP