便秘茶のおいしい飲み方

便秘茶のおいしい飲み方

便秘茶の成分と効果

便秘茶の飲み方

女性に多いと言われている便秘は肌荒れや、体調不調の原因をつくるとして解決が必要です。

便秘の原因は主に偏った食事やストレスと言われますが、普段あまり運動をしていない人も便秘になりやすい状態にあります。 そこで解決として、美容と健康のために便秘茶を飲む方法があります。

便秘に効くお茶というと、薬草を使っていたりしてなんだか苦そうなイメージがありますが、おいしい便秘茶を購入すれば抵抗なく毎日の習慣として飲めます。

人気の便秘茶は、おいしい味や香りのするものが多く、ティーパックなので簡単に淹れられて、好みの味に調整しやすいと言えます。

また、便秘に効果的なお茶はカフェイン量が少ないものが多いので、寝る前に飲むこともできます。

いつ飲むと効果的?

便秘茶は、個人差はありますが、だいたい6時間から8時間程度で効果が出てきます。

そのため、夜寝る前に飲むと翌朝スムーズな排便が得られるので、スッキリした1日をスタートすることができます。

便秘茶にも様々な種類がありますが、オススメなのは、飲みなれているほうじ茶や烏龍茶、麦茶がベースになったもの。

あるいは、カフェインレスのハーブティーをホットで飲むのもいいでしょう。カフェインは眠りを浅くしてしまう作用がありますので、不眠に悩まされてしまっては逆効果です。

夜寝る前に飲むにはカフェイン量の少ないものが適していると言えるでしょう。またホットで飲むことで身体が温まり、ぐっすりと良い睡眠を得られます。

代謝も良くなりますのでダイエットにも効果的です。入浴後の水分補給としていただくのも有効。スムーズな排便で気持ちの良い毎日を送りましょう。

好みの濃さに調節して飲む

便秘茶を初めて飲み始めるときは、まずは説明書通りの抽出時間と飲み方の指示に従って飲んでみましょう。

効き目にはもちろん個人差があります。 便秘茶の説明通りの抽出時間だと成分が濃すぎて、効きすぎるという人もいるかもしれません。その場合はお茶を好みの濃さにしてみましょう。

そして出来れば、お茶は最初は薄いものから飲み始めることをおすすめします。 何故なら毎日飲んでいるとお茶に体が慣れるので、効き目が悪くなってくる場合があるからです。

その場合、お茶の濃さを少しずつ調整して濃くしてみましょう。

もちろん濃すぎるとお茶が効き過ぎてしまう場合もあるので、自分の身体と相談しながら、気をつけて飲むようにしましょう。

↑ PAGE TOP