何日続けば便秘?

何日続けば便秘?

何日続けば便秘?

何日出なかったら便秘?

便秘の定義とは何日出ないことを言うのでしょうか。

毎日出ている人、2日に一回出ている人、3日に一回出ている人のどの人も、しっかり排便できていれば便秘ではありません。

毎日出ていればいいという事ではなく、量や質がとても大切なのです。

確かに、1週間も2週間も続くという事では間隔が長すぎますが、3日おきぐらいなら個人差の範囲内であると言えます。

理想は毎日ですが、自然な便意があって残便感やお腹の張りが残らずすっきりしないような症状が残らないのが理想的です。

しかし毎日でなくても、その人の間隔でしっかりと排便できるという事が健康へとつながるのです。

量がしっかり出て、すっきりできるという事がとても重要なのです。

排便には個人差がある

一般的には、一日一回、朝起きたら必ず、できるだけ早めに排便をすると良いといわれていますが、排便回数や排便量には、個人差があります。

便秘がちの傾向を持つ人も、一日三回以上排便する人も、また、形状もさまざまでしょう。

そのため、排便が一日一回でないなど排便回数が多かったり、排便量が多かったりしても、すぐには病気に結び付ける必要はありません。

しかし、慢性的な便秘の症状があり、それこそ排便が一週間に一度というような場合には、便秘の問題以上に、別の病気を併発するようなことも考えられます。

そこで、慢性的な便秘症状を持つような場合には、病院で診察を受けて、場合によっては便秘薬を処方してもらう必要があるかもしれません。

理想的な排便

便秘になると、排便の回数が週に1回、ひどい場合には2週間に1回ということあります。

このような状況では、重い病気を患うことになるため、便通は毎日あることが健康を保つ上では望ましいです。

また、便の形状はバナナのようで、色も黒ではなくブラウン系であり、水分を適度に含んだ便が最も理想的です。

その便も柔らかいもの、硬いものがありますが適度な水分を含んだ軟度のものがよく、一回に出る量としてはバナナの大きなサイズのものが形と同様によく、日に1回または2回が理想的な排便のスタイルです。

これくらいの量の便通が毎日あると、大腸に便が貯まることもなく、宿便といって体にのこる便もないので腸内をきれいに保つことができるので、重い病気へのリスクが減ります。

↑ PAGE TOP