便秘薬の種類と効果、副作用

便秘薬の種類と効果、副作用

便秘薬の種類と効果、副作用

便秘薬の種類と効果、副作用を理解しよう

市販の便秘薬は、大きく分けると、刺激性下剤と機能性下剤の2つに分けられます。

刺激性下剤は、腸を刺激して便意を促すものであり、機能性下剤は、硬くなった便に水分を含ませることで排泄しやすくするものです。

刺激性下剤にもさらに種類が分かれますが、いずれも刺激は強く、頑固な便秘に効果が期待できます。

機能性下剤にも、いくつかの種類がありますが、効能はだいたい一緒です。しかし、どちらの下剤にも共通の副作用があります。

それは下剤による排便しかできなくなり、さらに便秘を悪化させてしまう点です。特に下剤を乱用してしまうと副作用が強く出てしまうので、処方を守って使用しましょう。

薬に頼らず自然な形で排便できるように、日ごろから食物繊維や水分を多くとって、適度な運動を心がけたいものです。

便秘薬の種類と効果

便秘薬は、大きく分けると刺激性下剤と機能性下剤に分かれ、刺激性下剤には大腸を刺激するものと小腸を刺激するものがありますが、現在は大腸を刺激する下剤が主流です。

刺激性下剤には、2つの種類があります。

・アントラキノン系 
アントラキノンの成分が大腸の粘膜を刺激することでぜん動運動が促進されます。

・ジフェルメタン系 
アントラキノン系よりソフトな効き目で、腹痛などを伴いにくく、服用時の負担が少ないのが特徴です。

機械性下剤は便の水分を増やして排便を容易にさせる薬で、膨張性下剤、湿潤性下剤、塩類下剤、坐剤があります。

それぞれ排便を促す効果は同じですが、便秘の原因や体調によって薬が違います。

注意点などがありますから、市販薬の場合は、薬剤師に相談してから購入するほうが良いでしょう。

便秘薬の副作用

多くの女性が日常的に悩まされているのが、便秘です。便を自然に排出することが出来ず、腹痛に悩まされる人もいます。

そのため、便秘薬を服用している人も多いと思います。薬のおかげで快便になる事もあるのでとてもありがたい存在ではありますが、種類によっては副作用が生じる危険性があります。

更に、日常的に服用している人に注意してほしい点は、体が薬の服用に慣れることで便が排出されなくなること。

守るべき用法・用量を破って過剰に摂取することによって、刺激が強すぎるために下痢になってしまったり、自然に排便することが出来なくなったりしてしまいます。

便秘薬を使用する場合は、用法・用量を守りましょう。便秘茶などを活用して、自然に便秘を改善していく方法もおすすめです。

↑ PAGE TOP