便秘について

便秘について

便秘について

便秘って何?

便秘とはどういう状態を言うのでしょうか。実は便秘の明確な定義はなく、「何日出ていなければ便秘」とはっきり決まっている訳ではないのです。

例えば三日に一度のお通じでも、スッキリ出てお腹に残っている感じがなければ便秘ではありませんし、毎日出ていても便が固かったりスムーズに出ていなければ便秘ということになります。

つまり便秘かどうかは排便の間隔・回数で決まるのではなく、便の状態や排便時の感覚で決まってくるのです。

このため、毎日お通じがあってもスッキリしていないという方は注意が必要です。

「でも、たかが便秘でしょ?」と思っている人は要注意。

便秘が原因で起こる病気もありますので、甘く見てはいけません。解消方法はいろいろありますが、どうしても解消できない場合は病院を受診しましょう。

便秘の種類

便秘には様々な種類があります。大きく分けると、機能性便秘と器質性便秘に分けられます。

機能性便秘はさらにより細かく分類できます。具体的には、弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘などに分類ができます。

この中では弛緩性便秘が一番多いです。具体的には、大腸の筋肉のゆるみが直接的な原因で、便を押し出す力が足りずになってしまいます。

なりやすいのは女性や高齢者です。

次に便秘を期間の長さで分類すると、旅行や病気等で起こる一過性の急性便秘と、1か月以上続く慢性便秘に分けられます。

慢性便秘ですが、「週に2日以上排便がない」状態が1か月以上続くことを医学的にはよく言われます。

一方急性便秘は、旅行や生活環境の変化などで、ごく短期間だけ現れるのが特徴です。

便秘の症状

便秘には機能性便秘、器質性便秘の2つがありますが、機能性便秘は病気に関係がなく、腸の環境が整っていないことにより起こります。

期間で分けると急性便秘、慢性便秘と分かれますが、急性便秘の場合は腸のぜん動運動がうまくいかないことで一時的に起こります。

肉を食べすぎたり、水分不足やイライラといったストレスが原因になることが多いです。

女性や高齢者に多い弛緩性便秘の場合も、腸のぜん動運動が弱くなることで起こりますが、ガスが腸内にたまることでお腹の張りを感じたり、代謝が悪くなり肥満気味になったりと腸以外にも症状も出てきます。

また、頭が痛いなどの体調不良が生じたり、口臭や体臭がひどい、肌荒れやニキビが悪化するといった症状も出てきます。

↑ PAGE TOP